ママさんナースが働きやすい、育児しやすい職場

育児と両立しやすい職場

子育てをしながら活躍するママ薬剤師の方も多いですよね。

女性が多い職業、ということで看護師と共に薬剤師もよく挙がるかと思います。

仕事と子育てを上手く両立していくためには、幾つかポイントが挙げられます。

正社員として残業もバリバリこなして、といった働き方をされる方もいますが、なかなか無理がかかります。

家族のサポートがしっかり得られるようであれば、こうした働き方もしやすいと思いますが、両親が遠方、夫の帰宅も遅いとなれば、自分がメインで家事も育児もこなさなければなりません。

そうなると、働き方の選択肢としては正社員では無く、非常勤・パートが良いと思います。

時間的に短時間だと家事の時間も取れるのでオススメです。
14時まで、15時まで。
意外と、短時間でパート勤務の薬剤師を募集する調剤薬局などは見つかるものです。

扶養内で働く事を希望されるママ薬剤師の方も多いのではと思います。

周りを見ていても、出勤日数を3,4日にして1日5,6時間働くと、ストレスも少なく上手く仕事と家事・育児が回っているように思います。

前もって子供の学校行事が分かれば、シフト希望でその日が休日になるように調整しやすいですよね。
週に3,4日の勤務ですから、休みを充てることが出来れば問題ありません。

それに勤務時間が5,6時間であれば帰宅後に病院に連れて行くこともしやすいです。

正社員で働いていると、受診時間が終わっているんですよね。
急に子供が体調を崩したりして、病院に間に合わない時は、本当に困ります。。

学校側も早めに行事予定を出してくれるので、それに合わせてシフト申請。
今のところは、上手く両立できているかなと思っています。

それにいざと言うときは、有給を使わせてもらいます。

上司に育児への理解がある場合は、こうした対応もしてもらいやすいですね。

パート勤務で同じように子育てしながら頑張るママ薬剤師が多いと、より働きやすい職場になります。

困ったときはお互い様。

子育ての悩みは、経験者でなければ理解は出来ないと思っています。

従業員がある程度人数が揃っている事も大切なポイントですね。

もしこれから職場探しをするという方がいらっしゃいましたら、人材紹介会社を利用する事で事前に情報を得ることが出来ますから、職場選びで失敗する事は減ってくるのかなと思います。

神戸市 薬剤師単発バイト